お金も時間もない中小企業課長がリツアンSTCに転職した結果【派遣エンジニア】

リツアンSTCに転職した

人間誰しも悩みはある。
そして、社会人になるとその悩みは増える。

自分の仕事がうまくいかない、後輩の教育に時間を取られすぎて自分の仕事ができない、上司とウマが合わないなど、いろんな要素が出現してくる。

僕にも2つの悩みがあった。
お金がない(貯金ができない)こと、家族と過ごす時間が少ないこと。

特に1つ目のお金に関しては、大きなコンプレックスにもなっていた。

そして、その悩みを解決するために、僕はとある派遣エンジニアの会社へと転職を決意する。
それはリツアンSTCという会社であった。

僕が抱えていた2つの悩みについて

悩み1:お金がない=貯金ができない

恥ずかしい話だが、転職前の僕は貯金がなかなかできない人間であった。

実際資産がどのくらいだったかいうと、社会人11年半で貯金が50万円~60万円で、あとは車1台を所有。

家を持っているわけでもない。
投資をするわけでもない。

散財をする人間でもなかったが、かといって倹約家でもない。
お金の管理をどんぶり勘定でやっていたことが要因の一つだろう。
退職金がいくらかも知らないのに、退職金があるから何とかなると思ってもいた節もある。

こう書くと僕が単純にダメな奴だったからだろうと思われそうだが、年収の低さも関係しているのは間違いない。
これは僕が転職する前年までの年収と月平均残業時間である。

  • 2006年~2008年 不明
  • 2009年 282万円(19.0時間)
  • 2010年 303万円(24.5時間)
  • 2011年 294万円(14.5時間)
  • 2012年 311万円(12.0時間)
  • 2013年 379万円(40.0時間)
  • 2014年 398万円(45.5時間)
  • 2015年 439万円(44.0時間)
  • 2016年 458万円(40.5時間)

7年目までは年収300万円がやっとの状態。
ちなみに、2010年には二人目の子供が誕生しているが、4人家族となっている。

4人でこの年収で生活できたのは、6年目まではお客様が家を借り上げて、家賃が一部負担で済んだから。
全額払っていたら、この時点で破綻していたはず。

収入は8年目からは多少上がってきている。
これは中間管理職に昇進したことも関係あるが、残業時間が大幅に上がった結果でもある。
素直に喜べるものではない。

上記の年収と僕の適当な管理も相まって、なかなかお金を貯まらない状態になっていたのである。

悩み2:家族と過ごす時間が少ない

もう一点の家族との時間が少ないについてだが、この状態に陥っていた理由は3つある。

ブリッジSEで課長

エンジニア業には、客先に常駐して仕事をする働き方がある。
転職直前の僕は、長崎県の客先に常駐しながら、鹿児島の開発部隊に仕事を渡す役割を担っていた。

これはブリッジSEと呼ばれるものだが、この仕事は多岐に渡る。
チームメンバーの開発案件の獲得、案件の見積、スケジュール管理、実際の開発業務、メンバーのフォローなどなど。

それに加え、僕は課長であっため、売上・利益も管理をする立場にあった。

日々メンバーの状況を把握して、フォローが必要であればフォローをする。
毎週メンバーの報告書を確認し、上司に提出。
毎月勤務表の確認をし、誤りがあったら指摘。
各プロジェクトの売上や利益、状況、営業状況も把握しながら報告書を作る。

典型的な中間管理職で、実務をやりながら、上からの要求にも応えないといけないし、下からの要求にも対応しないといけなかった。

本来であれば、僕は開発業務を行わず、実務はメンバーに任せるべきで立場である。しかしながら、僕のチームはニアショアという切り口で特定の工程を安価で請け負うことを売りにしていた。

安価を武器にすると起こりやすいのは、品質低下と高稼働である。
僕のチームもその状態に陥るも、売上を確保するために仕事を減らすことはできなかった。

帰宅後に自社の仕事をしないといけない

客先常駐という性質上仕方ないことだが、自社の仕事は帰宅後にしかできない。
僕の場合は、自社内のメール対応や、週報やプロジェクトの売上管理の更新、報告書作成、勤務表の確認といった作業を自宅でやっていた。
毎日1時間ほどは時間を費やしていたと思う。

これらの作業も、社内にシステムがあればまだ効率的にできたかもしれないが、それもなく、全てファイル+メールで処理をしていたのも問題だったかもしれない。

月1回の休日出張

毎月1回、土曜日の昼から本社で経営会議を行っていた。

住んでいた長崎から本社は特急と新幹線を乗り継いで、3時間半~4時間もの時間を費やす。
大抵は当日の早朝に移動、昼は会議、夜は食事会というスケジュール。

食事会は好きだったので不満はなかったが、休みがなくなるので、妻がグチっていたのは容易に想像できるだろう。

一応この会議には手当が支給されていたが、それを差し引いても割に合う仕事とは言えなかった。

転職に至るまで

自分のチーム縮小

ここまで読めば、割と社畜気味に働いていたのが分かってもらえたと思う。
それもこれも、地道に頑張れば収入も上がり、家族を楽にすることができると思っていたからである。

実際は仕事は多いのに貯金も増えない。
辞めたくても辞められない・・・そんな負の循環に入っていた。

このような状態で訪れた11年目、僕が担当するクライアントからの仕事の確保が困難になった。
業績悪化による、開発費用の予算縮小だった。

僕のチームにはパートナーさんも5名ほどいたが、数名は契約を終了せざるを得なくなった
クライアントの業績は僕たちが関与できるものではないので、これに関しては運が悪かったとしか言いようがない。

だったら、別クライアントの業務をこなせば良いだけだ。
実際、僕がいた会社も特定のクライアントに依存する会社でもなかった。

ただ、会社の組織が縦割りで、一部署で一クライアントの体制をとっていた。
僕にはこのお客様しかいなくて、部署移動をすれば僕自身のチームはなくなる。

チームをなくした人間は失敗した人間であり、以降の出世は遠のくだろう。
この会社でやっていくには避けなければならない事態。

だから僕の選択肢は、チーム縮小ながらも存続させて、拡大の機会を伺う以外なかったといえる。

チームを存在させても幸せではない

そこで、営業のためにとある場所に出張することになった。
僕は出張は割と好きな方なので、この出張も最初は楽しみにしていた。

何日か客先を訪問して商談は順調に進み、1~2人月の仕事をいただけることになった。
これで繋げそうだと手応えを感じたものの、ホテルに戻って抱いたのは違和感である。

出張先は長崎から5時間ほどかかる場所だったが、それほど時間がかかる場所に来ても、いただける仕事は1~2人月の小規模案件。
これから、ほぼ毎月のように出張が必要になるかもしれない。
案件によっては、出張先に何日か滞在しないといけないだろう。

チームのためにはやらないといけない。
でも出張は僕にとって大きな負担となる。

当然、今まで以上に家族との時間は減る。
かといって、特段給料が上がるわけでない。
業績は下がっているので、むしろ将来的にはマイナスにされかねない。

このチームを存続させて僕自身が幸せかと聞かれたら、明らかにNOだった。

出世も会社も諦めた

よくよく思えば、僕は本社のオフィスで居心地の良さを感じたことがなかった。
お客様から請け負った仕事以外の社内業務が回されるし、本業に影響を与えず並行してやれという無茶振りも多かった。

だから僕は、7年目で一旦本社に戻ったにも関わらず、10年目には自ら長崎異動を志望した。
長崎に誰かいてほしい会社の願いと、本社にいたくない僕の思いが一致し、話はすぐに決まった。

異動前、僕の部署で収益面で大きな結果を出すのは難しいと気付いていたが、何年か地道に頑張れば変わるかなと思っていた。

でも、様々な工夫をしてきたが、無理なものは無理だ。
もっと自分が戦いやすい場所に行くしかない。
これ以上、僕がこの会社でできることはなかった

だから僕は出世を諦め、会社に残ることも諦めた。
新卒で入ってずっとやってきて、課長までなれたことは一つの誇りだった。

感謝の気持ちもあった。
部下には申し訳ない気持ちもあった。

でも、上司が息苦しさを感じる会社で部下に頑張れよとも言えまい。
まずは自分が幸せにならないといけない。

会社が与えたがる「やりがい」はいらない、まずは給料

転職活動に踏み切った僕は、定番の転職サイトに登録していくつかの企業を眺めていたが、どれも似たような感じに見えていた。
何かしっくりこない。

今でこそ、エンジニアのキャリア論なども把握しているが、転職当時の僕はどういったエンジニアになりたいかなどのビジョンも特に持っていなかった。
低い年収に飼い慣らされていた僕は、ひとまず年収500万円以上あれば・・・くらいの感覚。

そんな中、リツアンの野中社長のブログを発見する。

『ピンハネ屋』と呼ばれて
株式会社リツアンSTC 代表取締役 野中久彰

当初は暇つぶし程度に捉えていたが、転職活動をする僕の心に突き刺さった文章がある。

リツアンはモノづくりの会社ではない。
仕事を紹介することしかできない派遣会社だ。
エンジニアの彼らに面白い仕事も、夢があるプロジェクトも、やりがいのあるテーマもぼくたちは提供できない。

ぼくたちができることは、ひとつだけ。
エンジニアを正当に評価すること。それしかできない。
だから、リツアンはエンジニアの給料にこだわる。

「本当なのか?」
リツアンの給与を実際に見てみた。
僕の常識ではあり得ない金額が掲載されていた。

正にこれだと思った。
僕が求めていたのは、会社から強制的に提供される「やりがい」なんかではなく、給料だと確信した。
そもそもお金がもらえるから仕事にやりがいも感じるのだと。

出世に頼らず収入を増やすことができ、人に振り回されることなく個人で働ける。
望んでいた条件だった。
世間から派遣と笑われても構わない。
まずは稼げることが大事なのだ。

僕はリツアンに入社することを決意し、エントリーボタンを押した。

リツアンSTCへ入社して変わったこと

リツアンの営業と受け入れ先の企業との面談を経て、現場が決定した。
晴れてリツアンに入社することが決まった。

ITの技術者として10年以上の経験もあったことから、転職活動は約1ヶ月程度で終了。
タイミング的にも良い時期であったようだ。

リツアンに入社したことで、僕の悩みはどう変わったかを記述しておく。

貯金ができない→3年で約500万円の資産

まずは貯金ができなかった点はどうなったかについて。
3年ちょっとで約500万円の資産を積み上げることができた。

年収は以下のように変化している。

  • 転職直後:年収100万円アップ(年収 約 550万)
  • 2020年:前職より年収300万円アップ見込み(年収約750万円)

こちらが2020年6月のときの給料。

ツイートしたのは特別に給料が多い月であるが、それを差し引いても良い金額になったと我ながら思っている。
転職直後から200万円近くアップしているのは、プロフェッショナル契約(プロ契)に変わったことと、現場を変えて単価が上がったことによるもの。

上記の変化により、貯金も大幅に増やすことができている。
傍から見れば大したことないかもしれないが、100万円を貯金することすら難しかった僕にとって、大きな変化であった。

家族と過ごす時間が少ない→劇的に増加

家族と過ごす時間がない点はどうなったかについて。
これは劇的に増加した。

なぜなら、リツアンには社内独自の仕事はほぼ存在しない。
勤務表を書くか、休暇申請を出すくらいだ。
帰社日なんてものもない。

残業も減った。

転職直後の現場は2年近くいたが、残業が10時間を超えたことがない。
今の現場は前の現場よりは増えたが、基本は定時退社で10時間~20時間ほど残業をする月もあるくらいになっている。

妻のグチも減り、僕の気苦労が緩和されたのは言うまでもない。

最後に:リツアンSTCへの転職は正解だった

派遣会社というと負のイメージが先行し、そこで働いている人も不幸な人が多いと想像されがちだが、リツアンはそんな感じはない。
エンジニアが前向きに仕事を取り組んでいる。

繰り返しになるが、僕は貯金も増えたし、年収も増えたし、自分の時間も増加した。
以前より幸せになったかと聞かれたら、間違いなくYESと答える。
僕にとっては正解だった。

もちろんすべての人が満足できる会社とはいわない。

契約を切られるリスクもあるから、スキルの向上は必須。
案件ガチャ、現場ガチャなのは間違いなく、引きの強さも必要だ。

そんな側面はありつつも、自分が望む環境を選択できる可能性があることは主張しておきたい。
現場を変えて単価をアップして収入を上げるも良し、いろんな現場を回って働きやすい環境を模索するも良し。

僕自身、リツアンにいつまで所属するかは分からない。
定年までいるかもしれないし、別の何かをやりたいと思うかもしれない。
ただはっきりしているのは、リツアンはエンジニアの味方で、残ることも離れることも応援してくれることだ。

この記事が転職を考えている人にとって、少しでも役に立つことができれば幸いである。

派遣エンジニアで稼ぎながら、自分のやりたいことに挑戦しませんか?

派遣エンジニアは稼げないと思うあなたは間違っています。
稼げる会社に行けば、しっかりと稼げます。

リツアンSTCは稼げるエンジニア派遣会社です。
会社員の身分持って安定的に稼ぎながら、空いた時間を活用してやりたいことに挑戦できます。

リツアンSTCに転職した
ひろ@リツアン社員をフォローする
リツアンいんふぉ
タイトルとURLをコピーしました