【リツアンSTC】リツアンに入社しない方がいい人の3つの特徴を教えます

雑記

僕の個人的な感想ですが、リツアンSTCは良い会社と感じています。

派遣・SES界でも給料は高い方であるし、会社員でありながらフリーランスエンジニアに近い働き方をしていて、個人の裁量が大きいです。
もちろん、派遣先は派遣先企業の意向に従うので、現場の裁量は大きくないかもしれませんが、現場は自分で決めていくスタイルです。

その方向性もあり、こういう人はリツアンに入らない方がいいでしょう。

  • 教育してもらおうと考えている人
  • 組織として働きたい人
  • お金の話が嫌いな人

今回の記事では、上記3つの点について、僕の経験を交えながら解説していきます。
なお、あくまでも個人の見解であり、会社の見解ではありませんので悪しからず。

リツアンSTに入社しない方がいい人

前述した通り、リツアンに入らない方がいい人は以下の通りです。

教育してもらおうと考えている人

リツアンSTCは、会社に自分を教育してもらおうと考える人にはおすすめできない会社です。
なぜならば、現場に入った後は営業は基本的にエンジニアにノータッチだからです。

契約関係などの手続きはしっかりと行いますが、業務に対してのフォローはありません。
週次や月次で話をするわけでもないし、自分たちのキャリアを意識して動くわけでもない。

現場の改善、変更など、相談事にはもちろん誠意を持って対処します。
しかしながら、一般的なSESの会社のように、僕たちの将来像まで考えて案件をアサインしてくれるわけではありません。

エンジニアの実力を研修で補う考えもありません。
自分に足りないことは自主学習で習得し、将来のことは自分で考えて決める人ではないと間違いなく苦労しますね。

というわけで、教育してもらおうと考えているならやめておきましょう。

組織として働きたい人

リツアンという組織で数多くの人が集まり仕事をしたいと考えている方、こちらも向いておりません。

リツアンには上司もいなければ部下もいません
僕はこれをメリットとして捉えていますが、組織として働きたい人には当然不向きな状況です。

一般的な会社では上司と部下が存在し、互いに協力して業務を遂行します。
上司が部下に指示を出し、チームをまとめるのは大変に貴重な経験ではあるし、部下が組織の一員として周囲と協力して働くことも極めて重要なポイントです。

ただリツアンは、一人で現場に派遣されることも多い上に、同一現場にリツアンのエンジニアがいたとしても同じ仕事をするとは限りません。
つまり、現場のチーム運営頼みです。

現場のチームでも経験は積めますが、本来の意味の組織活動として不十分なのは否めず、あまりおすすめできるものではありません。

なので、組織として働きたい人もやめておきましょう。

お金の話が嫌いな人

リツアンはお金の話が嫌いな人は向いていません。

リツアンのアイデンティティはお金です。
お金に魅了されて集まったエンジニアの集団です。

この人たちが集まったら何の話をするかというと、お金の話がほとんどですw
副業に取り組んでいる人も多く、お金にまつわる話は尽きないでしょう。

そんな感じなので、お金の話に嫌悪感を抱く人は、リツアンの転職はよく考えた方がいいですね。

最後に:自分で自分を育てる主体的な人はリツアンへ!

リツアンSTCへ入社しない方がいい人を紹介しました。

リツアンに限らずですが、やはり自分の育成を会社に丸投げする依存体質では、続けるのは難しいです。
もちろん営業も全力でサポートするものの、将来のことを自分で考えて、自分で切り開く気持ちが極めて重要です。

今回はおすすめできない点を紹介しましたが、逆にいえば自分で自分をコントロールし、主体的に動ける人には向いているともいえます。
リツアンは客先業務以外の自社業務はゼロに近く、大きいアドバンテージがあります。

必然的に、自分の仕事は一人で完結できるくらいの力を求められますが、経験のある人は一度ご検討してみてはいかがでしょうか?
あなたの転職活動がうまくいきますように願っています。

派遣エンジニアで稼ぎながら、自分のやりたいことに挑戦しませんか?

派遣エンジニアは稼げないと思うあなたは間違っています。
稼げる会社に行けば、しっかりと稼げます。

リツアンSTCは稼げるエンジニア派遣会社です。
会社員の身分持って安定的に稼ぎながら、空いた時間を活用してやりたいことに挑戦できます。

雑記
ひろ@リツアン社員をフォローする
リツアンいんふぉ
タイトルとURLをコピーしました