【リツアンSTC】転職1年で月収27万円アップも エンジニアの収入まとめ

リツアンSTCに転職した

会社員として常に悩みの種である給料。

これはエンジニア業界も例外ではない。
エンジニア業界、特にIT業界のエンジニアは長年評価されない時代が続いたこともあり、給料が未だに不当に低い人も多い。

そんな中、リツアンの社員についてはどうやら好調の模様。
他社からリツアンに転職することで、大幅な給料アップを実現している。

では、実際どのくらい収入が上がっているのか、そして現在どのくらいの給料をもらっているのか?
ネット上で確認できるリツアン社員の収入を調査してみた。

現在エンジニアをやっている方で、他社のエンジニアの収入が気になる方は、ぜひともご覧いただきたい。

リツアンSTC社員の給料アップを徹底調査

現在、リツアンSTCに所属する社員、転職前後で給料がどのくらいアップしたのかを記載していく。

一颗红豆さんは手取り13万円→29万円

リツアンSTCの女性エンジニアで、中国もしくは台湾出身の一颗红豆さん。
彼女の転職前後の給料の変化は以下の通り。

月収ベースで24万円→35万円。
約11万円の増加を果たしている。

手取りに至っては、13万円から29万円の変化で約16万円もアップしている。
前職は寮費が引かれていることもあるが、自由にできる金額が増えているのは良いことである。

更にいえば、寮費が社宅の家賃払いじゃないので、節税ができていなくて微妙に感じるところ。
もしかしたら相場より安くしてくれているかもしれないが。

東沢さんは年収391万円→535万円

次は、リツアンSTC社員の東沢さん。

奥さんが元SEで、リツアンに入ってもらいたいと思っていたり、iDeCoの重要性を奥さんに説明したりと何かと忙しそうな人。
おそらく完全に尻に敷かれているタイプ。

で、肝心の給料は下記の通り。

391万円→535万円ということで、転職前後で144万円ほどアップを実現している。
何かズルしているんじゃないかな?

AKGさんは年収455万円→612万円

AKGさんは、リツアン社員の給与明細公開の先陣を切った、伝説のエンジニアである。
イカした髪型をしていて見た目は少し怖いが、ツイートの切り口がとてもおもしろい。

そんなAKGさんの給料の変遷はこちら。

下2つが注目すべきところであり、455万円から612万円という結果になっている。
アップ額は157万円。
平均残業が11時間ということだが、それでも毎月50万円以上の収入を得ているのが素晴らしい。

ちなみにAKGさんの人生の初賞与は・・・

もらえているだけマシなんだけど、これはどうしても笑っちゃうね。

マサルさんは月収33万円→53万円

とあるSIerからリツアンに転職したマサルさん。
上流工程もこなすイケてるエンジニアである。

そして、毎晩のようにお酒を飲んで、飲み会大好きなナイスな人材。
リツアンの水も合っているに違いない。

そんなマサルさんの給与明細はこちら。

ちなみに、過去の給与明細は、マサルさんのブログ記事で書かれている。

過去の給料では月収33万円だが、リツアンで働けば53万円。
月収ベースで20万円アップ。

これにマサルさんが日々取り組んでいる投資関係を足しまくれば、いくら儲けているんだという話。
困ったときはマサルさんに相談すれば間違いない。

とあるエンジニアは月収272,000円アップ

そして極めつけ。
2018年9月~2019年8月で最高に収入が上がった人を紹介。

これは専務のツイートで発信された内容。

転職前後の収入の変化というわけではなく、リツアン入社してからの単価の変化になるが、月収で272,000円年収で3,264,000円アップしたとのこと。
しかも自分で単価交渉したとかマジすごすぎ。
天才かよ。

また、272,000円アップには劣るものの、同じくらいのアップを実現している人がいる模様。

リツアンのエンジニア、技術面はどうか知らないけど、お金の面ではすごいの一言だ。

もちろん、全員が全員このくらいのアップを果たせているわけではない。
中にはダウンとなってしまった人もいるかもしれない。

ただ、リツアンSTCの給料の金額は クライアントからの評価額に依存する。
リツアンの幹部や営業が訳のわからない評価をして決定しているわけではない。

まだまだ給料が不当に低い会社は存在する

このように、リツアンのエンジニアは幸いにも給料を多くもらえている。
しかしながら、世の中こんな会社ばかりではない。

一時期、33歳の男性が労働時間300時間で手取り23万円というのがテレビで取り上げられて話題になっていた。

個人的な感覚だが、300時間だからせめて60万円は出そうよと思う。
いや、60万円出されても僕はやりたくないけど、社会人だし時給2000円くらいは出してほしいものだ。

上記の会社は即刻辞めるべき、スーパーブラック会社である。
しかしながら、ここまで酷くはなくとも昇給が抑制されて、プチブラック的な会社は数多く存在する。

ちなみに、これは僕の過去の給与明細である。

この記事を書いているのは2019年8月だが、その約5年前の入社8年目のときの話。
僕の手取りなんて、ぎりぎり22万円である。
しかもこっちは嫁と二人の子持ちだったけど。

今とは時代が違うし、リツアンとは会社の性質も違うし、地方も違うので一概には比較できない。
ただ、ちょっとした中堅クラスに交通費込みでこの金額は、今の感覚では割に合わないと言わざるをえない。

最後に:転職前後はもちろん、その後の収入大幅アップも夢じゃない

リツアンSTC社員の収入の実態を調査した結果はいかがだっただろうか。

近年はこうやってブログやSNSで公開している人が増えている。
リツアンのエンジニアに至っては、個人情報の最たる給与明細を出しており、他社の人から驚くことだろう。

それだけ自信を持っているともいえるし、在籍している人たちが苦労してきたから、気付いて欲しいという願いも含んでいるのである。

僕が強く思うのは、「体が動く内に」「評価される年代の内に」「ちゃんと収入をアップする環境に移行する」ことが大事ということである。
お金がないところ、金払いが悪いところで頑張っても、待遇が変わることはない。

そして、本業でも副業でも良いので、更なるアップができる環境を整備してほしい。
その場所はリツアンSTCじゃなくても良いが、リツアンは自分の考えを実現できる環境にある。

中堅エンジニアからベテランエンジニアの方は、一度リツアンのホームページを確認してもらえると嬉しく思う。