【リツアンSTC】派遣社員エンジニアから正社員登用(直接雇用)の実績

仕組みと制度

派遣社員として働く人は、派遣先の企業に正社員として雇用されることを希望している人が多い。
登録型の派遣と常用型(正社員型)の派遣で希望度合いはかなり異なると思うが、一般的な企業の正社員は魅力的である。

これはリツアンSTCでも同様。

ただ、うちのエンジニアと話をすれば、彼らの十中八九が将来はクライアント、あるいは別のメーカーの正社員になりたいと話します。自分のため、両親のため、家族のため、派遣社員よりもメーカーの正社員を望みます。

この文面は下記のブログ記事からの引用だが、リツアンとしての立場より、クライアントや別メーカーの社員となることが良いと考える人が多いみたいである。

正社員登用(直接雇用)は、派遣なら多くの人が望むことは分かったが、リツアンではそれが実現できているのだろうか?
リツアン公式ページ、社長のブログを参考に、実績をまとめてみた。

派遣から一般企業の正社員を目指している人は、ぜひとも読んでいただければと思う。

リツアンSTCの正社員登用(直接雇用)への考え方

上で紹介した記事にも掲載されているが、リツアンSTCの正社員登用(直接雇用)に対する考え方は以下である。

  • 派遣社員よりもメーカーの正社員を望むなら、それを応援すべき
  • 正社員で採用されたメーカーを退職する状況になったら、またリツアンに戻ってくればいい
  • 派遣会社が自分の会社の都合で労働者の望みを抑制しない
  • むしろ自由に行き来できる往来可能な派遣会社が理想的

リツアンは、正社員への道を邪魔することはなく、むしろ応援する立場である。

僕も転職経験があるので分かるのだが、辞めるときの無理な引き留めは逆効果にしかならない。
むしろ転職後の生活を応援した方が、良い会社だったと思えるものだ。

それでいて出戻りもOKとあらば、好印象でしかないだろう。

また、派遣社員が正社員化を望むならば、派遣先と派遣社員で協議した上で、お試し期間を設定してしまえばよいとも述べている。
実際に社員になる前に相互理解が進めば、入社後のミスマッチも少なくなり、不幸な結果も減っていくだろう。

下記にも正社員化に関する記事があるので、併せて読んでもらえれば。
派遣としての働き方とリツアンの取り組み

リツアンSTCの派遣社員から正社員登用(直接雇用)の実績

実際にリツアンSTCの社員が正社員登用(直接雇用)になった事例を紹介していく。

解析者:20代半ばのNさん

未経験から解析業務を担当されていた、当時20代半ばの女性Nさん。
リツアンに入社して5ヶ月で正社員雇用となった。
下記に詳細が掲載。

▶ Nさん、異例の出世!正社員雇用へ…

自動車部品機械加工オペレーター:伊藤さん、小椋さん

2015年8月からとある大手企業に配属され、2016年1月には正社員雇用が決定している。
お二人は、当時自動車部品の機械加工オペレーターをされていたとのこと。
下記にインタビュー記事が掲載。

スタッフインタビュー:念願の直接雇用へ

自動二輪車部品の製品設計者:蘆池(ヨシイケ)さん

2012年の5月にリツアンに入社。
派遣先にて、自動二輪車部品の製品設計業務をされていた蘆池(ヨシイケ)さん。
下記にインタビュー記事が掲載。

▶ 新たに直接雇用となった方にインタビュー!

ITエンジニア:早坂さん

クラウドセキュリティー関連のIT企業であるHDE様(現在はHENNGE様)に、約9ヶ月で直接雇用へ。
下記でインタビュー記事が掲載。

▶ また一人、リツアンから直接雇用として飛び立っていく

機械設計エンジニア:伊藤さん

2013年の3月にリツアンに入社し、FMSやFA製品など、工作機械やレーザー加工機に関わる設計業務を担当。
下記にインタビュー記事が掲載。

▶ 直接雇用となった伊藤さんにインタビュー!

最後に:リツアンSTCは正社員登用(直接雇用)の実績あり

見て頂いた通り、リツアンSTCでは正社員登用(直接雇用)が実現できているのが分かる。
ここで紹介したのは一例であって、他にも正社員として働いている方が多い。

逆に、直接雇用になったものの、とある事情からリツアンに戻ってきた人もいる。

そんな方たちもリツアンは当然迎え入れる。
よっぽどのことがない限り、出戻りを拒否することはない。

僕個人的には、今のところ直接雇用はさほど望んでいない。
リツアンはマネージャ的な立場にならずとも待遇が良いからであり、傭兵と割り切れば非常に良い会社と考えているのが理由である。

とはいえ、派遣エンジニアという立場の弱さを考えたときに、派遣ではない企業の安定さを求める気持ちもよく分かる。
僕自身も年を経るごとに考えが変わる可能性は大きい。

だからこそ、派遣会社の正社員として縛られる会社ではなく、望むなら正社員雇用を目指せる会社に在籍しておくべきである。
自社のことだけを考えて、強引に引き留める会社からは早々と手を引いた方が良いだろう。

会社にとらわれず、一人のエンジニアとしての生活を真剣に考え、幸せな人生を歩むことがリツアンの望みである。

派遣エンジニアで稼ぎながら、自分のやりたいことに挑戦しませんか?

派遣エンジニアは稼げないと思うあなたは間違っています。
稼げる会社に行けば、しっかりと稼げます。

リツアンSTCは稼げるエンジニア派遣会社です。
会社員の身分持って安定的に稼ぎながら、空いた時間を活用してやりたいことに挑戦できます。

仕組みと制度
ひろ@リツアン社員をフォローする
リツアンいんふぉ
タイトルとURLをコピーしました