【リツアンSTC】3つのマージン率を解説 年数に応じてマージン減少でWin-Winの関係を作る

仕組みと制度

エンジニアの派遣会社で気になる点の一つに「マージン率」があります。

派遣法上、マージン率は公開義務があるものの、正直分かりづらい企業が多い。
また、マージン率は公開されていても、派遣者のマージン率と等しいとは限りません。

でもリツアンはマージン率を公開しているし、個々のマージン率も派遣者に伝えます。
(といっても、公開しているのと一緒ですが)

結論から言うと、リツアンのマージン率は以下の通りです。

  • 1年目~3年目:マージン率:32%
  • 4年目~9年目:マージン率:約20%
  • 10年目以降:マージン:約15%

特徴としては、年数に応じてマージン率が変更することですね。
以降で詳しく解説していきます。

リツアンSTCのマージン率

1年目~3年目:マージン率32%

1年目~3年目のマージン率は32%です。

つまり、会社間の単価が60万円であった場合、60万円 × (100 – 32) % = 40.8万円 が総支給額となります。
下記に月収の早見表があるので、確認してみてください。

リツアンSTC 給料早見表

お客様との契約内容によっては、時給が月給だったり、精算幅(140時間~180時間など)が設けられたりしますが、この早見表に沿っています。

全国平均のマージン率を確認できる資料を見つけられませんでしたが、派遣業界全体では30%、ITエンジニアの派遣業界では40%前後と言われているので、低めの数値というのが分かります。

なおこちらの32%の契約は、後述するフェッショナル契約に対し一般契約と呼ばれています。

4年目~10年目:マージン率20%前後

4年目~9年目のマージン率は20%前後です。

前後と書いているのは理由があって、マージン率が固定ではないからです。
具体的に言うと、リツアンは社会保障費+65,000円を単価から引いて、残りを総支給額として支給します。

この制度は「プロフェッショナル契約=プロ契」に合意した人だけ適用されます。
というのも、もともと単価がそれほど高くない人にこの制度を適用すると、支給額が減る可能性があるからです。

プロ契については別途記事を追加予定です。

10年目以降:マージン率15%前後

10年目以降のマージン率は15%前後です。

驚くべきことに、リツアンがとるのは社会保障費のみ。
マージン(利益)を取らないことから、「さよならマージン」と呼んで宣伝しています。
効果はいまいちかもですがw

先にも書きましたが、4年目~9年目のマージンは社会保障費+65,000円。
つまり、10年目以降は月収が65,000円、年収が780,000円アップします。

僕がこのままリツアンに在籍した場合、本制度が適用されるのは46歳から。
60歳までの14年間、毎年780,000円を受け取ると 10,920,000円 になります。

さらにもう一つのシミュレーション。
25歳にリツアンSTCに入社して、60歳まで働いた場合はどうなるか?

  • 780,000(円) × (60-(25+10))(年) = 19,500,000(円)

社会保障費や税金が引かれるので、この金額が全て使えるわけではありませんが、非常に大きな金額ですよね。

ただ、さよならマージンの社員が増えたとき、会社は健全に保てるかという課題はあるので、会社の動向をしっかりと把握しておかないといけません。

さよならマージンが導入された理由

さよならマージンが導入された理由は以下の2つです。

  • リツアンには退職金がないからその代わり
  • 「派遣を経由した転職活動」の実現に一歩近づくから

リツアンには退職金がないからその代わり

がっかりした人もいるかもしれませんが、リツアンには退職金がありません。

元々高還元なので、それも仕方ないでしょう。

ただ、さよならマージンで得られるプラスのお金は、退職金と位置づけられるものです。
36歳に入社した僕でも約1000万円の退職金がもらえる計算になります。

退職金については以下の記事もご覧いただければ。

「派遣を経由した転職活動」の実現に一歩近づくから

これはちょっと分かりにくいと思いますが、さよならマージンの導入で以下の2つの効果を狙っています。

  • さよならマージン導入
  • →リツアン入社希望者増加
  • →リツアン潤う
  • さよならマージン導入
  • →給料上がったエンジニア頑張る
  • →派遣先で良い評価を得る
  • →引き抜かれる
  • →引き抜き先、エンジニアもWin-Win

1つ目は単純に利益が出るということで、これ以上の説明は不要だと思います。

重要なのは2つ目で、リツアンが目指す「派遣を経由した転職活動」に繋がること。

企業もエンジニアも、双方が納得して入社できるのが理想ですが、実際はアンマッチが生じます。
でも一度派遣エンジニアとして現場に入れば、全部とはいわないものの、その現場のことは分かったようなもの。

企業と求職者双方合うかどうかを判断するには、派遣経由の転職活動が適しています。
リツアンはより多くの人に実践してほしいとの考えがある、さよならマージンはそれを促進する制度だと位置づけているわけです。

最後に:エンジニアのためにマージン率減少→Win-Winの関係

もう一度まとめると、リツアンのマージン率は以下の通り。

  • 1年目~3年目:マージン率:32%
  • 4年目~9年目:マージン率:約20%
  • 10年目以降:マージン:約15%

やはり特徴的なのは、年数に応じてマージン率が減少することと、それが個々のエンジニアにも明示されていることです。
これだけ還元して大丈夫なのと不安はあるものの、今のところ大きな問題はなし。

実際、リツアンSTCに10年以上いる人は少ないです。
正社員身分ですが、リスクが高めの派遣であることはついて回るので。

しかしながら、派遣経由の転職活動により、リツアン、エンジニア、派遣先でWin-Winの関係を築こうとしていることは覚えてもらえたらと思います。

派遣エンジニアで稼ぎながら、自分のやりたいことに挑戦しませんか?

派遣エンジニアは稼げないと思うあなたは間違っています。
稼げる会社に行けば、しっかりと稼げます。

リツアンSTCは稼げるエンジニア派遣会社です。
会社員の身分持って安定的に稼ぎながら、空いた時間を活用してやりたいことに挑戦できます。

仕組みと制度
ひろ@リツアン社員をフォローする
リツアンいんふぉ
タイトルとURLをコピーしました