【リツアンSTC】3つのマージン率と給料の制度 退職金とボーナスも解説

仕組みと制度

転職をする上で気になる点の一位、二位を争うのが給料

そりゃそうだ。
僕たちはお金をもらうために働いており、生きていく上で極めて重要な問題である。

僕が所属する「リツアンSTC」は、給料が高いことで知られている。
給料の高さが僕が転職した最大の理由ではあるが、実際にどのような制度が整備されているのかをここでまとめておきたい。

エンジニアの収入が気になる方はチェックしておいてほしい。

リツアンSTCの給料の制度

早速給料に関する制度といきたいところだが、その前に派遣会社の給与の支払われ方を説明しておきたい。

リツアンSTCは派遣会社なので、お客様の元にエンジニアを派遣することで派遣先からお金を頂く。
その中から年金や社会保険料、利益などを差し引いた金額をエンジニアに支給する。

例えば、ITエンジニアとしては2〜3年目くらいのレベルの客先単価50万円の場合、34万円の給料(総支給)になる。
このときのお金の流れ図に示すと以下の通り。

リツアンSTC マージン

会社がもらうお金16万円はマージン、客先単価に対するマージンの割合をマージン率と呼ぶ。
これは派遣会社の健全さを示す一つの指標である。

この例でいえば以下の式で計算される。

  • (50万 – 34万) / 50万 = 16万 / 50万 = 32%

前置きが長くなったが、上記を踏まえてリツアンSTCの給与体系とマージン率を見ていく。

リツアンSTCでは、1年目~3年目、4年目~10年目、11年目以降で給料の制度が大きく変わる。
具体的には以下の通り。

  • 1年目~3年目:マージン率32%
  • 4年目~10年目:マージン社会保障費+65,000円(プロフェッショナル契約)
  • 10年目以降:マージン0円=社会保障費のみ(さよならマージン)

1年目~3年目:マージン率32%

まずは1年目~3年目の給料。
下の画像は2013年とがやや古いが、給料の早見表である。

リツアンSTC 給料早見表

契約内容によっては、時給じゃなくて月固定であったり、精算幅(140時間~180時間など)が設けられたりするが、この早見表通りといって問題ない。
全国平均のマージン率をはっきり確認できる資料を見つけられなかったが、派遣業界全体では30%、ITでは40%前後と言われている。

そんな中、リツアンSTCのマージン率は1年目から3年目は32%
業界内でもトップクラスの数値で、リツアンより高く還元している会社はまず聞いたことがない。

そして、マージン率を公開しているということは、給料はクライアントからもらえる金額の変更に追従することになる。
単価上がれば給料上がるし、逆も然り。

単価上がったことは、当然本人にも通知される。
会社間の金額も契約書にばっちり書かれているので、安心できる制度になっている。

4年目~10年目:マージン社会保障費+65,000円(プロフェッショナル契約)

リツアンで特筆すべきは4年目以降である。

4年目~10年目のマージン率は平均で19.1%
平均でというのは理由があって、会社のマージンが社会保障費+65,000円になるので、マージン率が人によって異なるから。

この制度は、リツアン内では「プロフェッショナル契約(プロ契)」と呼ばれており、プロ契を結ぶには条件がある。

  • クライアントからの評価 ⇒ クライアントからのクレームや改善指導など、著しく勤怠が問題でなければ誰でもクリア可能
  • リツアンSTCからの評価 ⇒ タイムカード(出勤簿)が正しく記入でき、請求書やご自身の給料の計算ができればクリア可能

真面目に業務をこなしていれば、絶対にクリアできる簡単なもの。
一点デメリットがあるとすれば、交通費が支給されなくなることくらいかな。

10年目以降:0円=社会保障費のみ(さよならマージン)

11年目以降になると、驚くべきことにマージンは社会保障費のみになる。
つまり会社の利益は0円

これを会社的には「さよならマージン」と言って、宣伝している。

4年目~10年目のマージンは社会保障費+65,000円なので、利益分に相当65,000円が毎月アップするということ。
つまり、年収にすれば780,000円のアップとなる。

僕がこのままリツアンに在籍した場合、本制度が適用されるのは46歳からである。
仮に60歳まで仕事をした場合、780,000円を14年間分受け取ることができる。
その合計額は以下の通り。

  • 780,000(円) × 14(年) = 10,920,000(円)

35歳過ぎて転職した人に1000万の退職金と考えた場合、割と良いのでは?

さらにもう一つのシミュレーション。
25歳からリツアンSTCに入社して、60歳まで働いたと仮定した場合はどうなるか?

  • 780,000(円) × (60-(25+10))(年) = 19,500,000(円)

退職金として考えた場合、ものすごく多いわけではないが、中小企業としては素晴らしい水準だといえる。
元々高還元な上に、これだけ給料が上乗せされると考えたら、とても嬉しいものだ。

ただ、さよならマージンの社員が増えたとき、会社は健全に保てるかという課題は出てくるので、会社の動向はしっかりと把握しておく必要はある。

退職金とボーナスはない

リツアンSTCの決定的な特徴としては、退職金とボーナスが存在しないことである。
これを残念と考える人も一定数いると思う。

ただ、リツアンはボーナス分を月の基本給に充てることで、残業代や傷病手当を高くするという考え。
また、ボーナス自体は、支給するも支給しないも会社次第です。
業績悪い場合は支給されなくても文句言えない。

僕の経験上、会社員がボーナスで喜んでいるのは少数だ。
大体の人は今年も少なくてガッカリだと言っている。
お金をもらえるのに残念になるボーナスという制度自体が何かしら問題があるのでは?

というわけで、ボーナスに頼った生活の設計はこれまでにしておいた方がよいだろう。

最後に:リツアンSTCは低マージンで高還元を実現

リツアンの給料の制度とマージン率を再度まとめておく。

リツアンSTC 給与まとめ

給料が低い方がハングリー精神は生まれるのは確かである。
しかしながら、金銭的に余裕がない状態は日常でもイライラが多いし、周囲を傷つけてでも金を得ることにも繋がりかねない。
だからこそ、正当な判断基準を持ち、高い給与を実現する仕組みを持つ会社に在籍すべきだと僕は思う。

リツアンSTCは制度がはっきりと明示され、低マージンで高還元を実現している。
そのためにも、派手な事務所は持たない、運用が面倒は制度はなくし、リファラル制度の活動などで採用費の削減に取り組んでいる。

大企業と比べると、確かに福利厚生などで物足りない部分はある。
けど、そのマイナスを負ってでも給料へ反映する仕組みは、多くの人が納得できる制度だと考えている。

また、単価アップが自分の給与にも反映されるなら、エンジニアも頑張って上げようという気になる。
やったことが報われる、この当たり前のことが大事である。

最後にもう一度だけ言わせてほしい。
お金を払う意識が低い会社いくら頑張っても、給料は増えない。
給料を増やすには、エンジニアにしっかりと還元する考えを持つ会社に転職することが必要。

そして、リツアンはエンジニアへの還元を第一に考えている。