仕組みと制度

技術派遣といえば、低賃金で重労働が定説であったが、その常識を覆すのが高還元のエンジニア派遣会社「リツアンSTC」である。この記事では、リツアンの制度や特徴を網羅している。特に給与面の特徴はぜひご覧いただきたい。

仕組みと制度

リツアンSTCは、マージン率32%に始まり、勤続年数でマージン率が下がる、「プロ契」「さよならマージン」という独自の制度採用している。その仕組みを詳しく説明する。また、退職金とボーナスについても解説。

仕組みと制度

就職や転職をするときに際に参考すべきこととして、福利厚生がある。人によっては給料並みに重視する大事な要素である。リツアンの福利厚生は、最低限の内容であるものの、本記事に詳細をまとめていく。

リツアンSTCに転職した

多くの人が100万円前後年収アップを果たしているのが分かる。中には、月収が27万円アップした人もいるとのこと。給与明細も公開してくれているエンジニアが多数いるので、自分の年収との比較も容易。今すぐ確認してもらいたい。

雑記

リツアンに転職して1年半、ブログを開設して1年。エンジニア界のインフルエンサーである、やまもとりゅうけんさんのブログにリツアンに関する記事を寄稿させて頂いた。昔の僕なら寄稿なんて考えられないことだったが、環境を変えることでいろんなことに積極的になれていることを伝えたい。

雑記

ITエンジニアで10数年の経験を持つ人は数多くいる。僕もその一人である。そんな普通で二流のエンジニアが、ひょんなことから、世界のコンクールで優勝した一流の指揮者とお会いすることになったときの話。

仕組みと制度

通常、ネガティブなイメージが持たれる退職だが、リツアンSTCは退職を祝い、ポジティブな印象を与えている。他社からの引き抜き、出戻りも自由に可能。踏み台にすることすら厭わない。それは、エンジニアの幸せを求めているからに他ならない。

リツアンSTCに転職した

リツアンのエンジニアや関係者が書くブログは、良いことばっかりで胡散臭いと言われる。確かに僕もそう思う。だから、デメリットやちょっとしたトラブルについても書いておく。

雑記

リツアンSTCの野中社長。誰もが愛するキャラクターを持ち、知っている人からは「人たらし」として認知されている。そんな社長の人物像を多くの人に知って、1回お酒を飲みに行ってほしい。

仕組みと制度

エンジニアの採用で重視されるのが、経験年数である。新卒以外で未経験者の採用はなかなか難しいものだが、リツアンSTCではどうなのか? どのような採用基準を儲けているのかをを説明しておきたい。