【リツアンSTC】普通の研修つまらないから一流の人と会わせるわ(社長)

一流に会う

一般的な会社では、新入社員研修であったり、管理者研修であったり、技術的な研修であったり、いろいろな研修に参加することになる。

研修は、普段とは異なった環境に身を置き、通常会わない人と出会うことが多い。
そのため、良質な刺激を受けられるメリットがあり、なるべく参加をしておくのが望ましい。

とはいえ、研修を受けた直後は意識が高い状態にあるが、その高い意識は長続きしない。
毎日研修を受けられるわけでもないから、元通りの生活になる。
なので、定期的に刺激を受ける必要がある。

リツアンSTCでも、不定期ながら研修が存在する。
しかしながら、通常の会社とは一風変わった研修を行う。
それはどんなものか、自分の会社と比べて何が違うか、ぜひともご覧頂ければと思う。

リツアンSTCで実施している研修

まずは、派遣法で定められている法定上の研修については以下の通り定められている。

  • 1年目~3年目:eラーニングによる研修あり
    ※コンプライアンス、Excelなど他にも多数の中から選択可能
  • 4年目以降:任意

1年目~3年目は、1年間に8時間の研修が必要と定められている。
そのため、eラーニングで自分が興味ある分野の研修を受けてもらうことになる。
4年目以降は、法律上、研修自体が任意となるので、希望者のみ実施。

一般的な企業で研修としてイメージされるものは、これが全てである。
僕自身は10年超えのエンジニアなので、eラーニングを受けたことはない。
つまり、技術的な研修は全く参加していない状態になる。

リツアンSTCは成長の機会に乏しかった

上記の通り、リツアンSTCは4年目以降のエンジニアに対する教育的な研修は基本的にない。
元々、転職組が多く、経費を削減して給料を高くするような会社であるから、その策は自ずと理解できる。

そして、多くのエンジニアは、無くてもいいやと割り切っている。
僕も「お金をたくさん頂けているなら、仕方ないんじゃないの?」という気持ち。
研修に関しては、特に不満はない。

ただ、対外的にみたらどうか。
「研修が無い? けしからん!」と考える人もいるだろうし、若手のエンジニアにしてみれば、しっかり教えて欲しいと考える人も多い。
リツアンSTCに一度は入ろうと思ったエンジニアも、研修がないことが理由で入るのをやめた人もいるかもしれない。

この件について、リツアンの野中社長からは「 リツアンは成長の機会に乏しい会社だと位置づけられている」という話があった。
確かに、日常では気付けないことに触れる機会を失っているのであれば、成長機会を損失していると言われても仕方ないことである。

リツアンSTCは人と人を繋げる研修を実施

「えっ、じゃあリツアンでは成長できないの?」という話になってくるが、成長の機会を補うために始まったのが、一流の方たちと出会える研修。
一流を目の当たりにして、自分たちに活かそうという考えである。
では一流って誰かというと、以下の方々が該当する。

  • 箕輪康介さん(幻冬舎 編集者)
  • イケダハヤトさん(ブロガー、YouTuber)
  • 木許裕介さん(指揮者)
  • ふんどし部
  • KOMADに携わる関係者(東京大学、東京藝術大学)

既にイベントも開催された通り、知名度の高い箕輪さんやイケハヤさんとは、今後も協力していくことになるはず。

また、リツアンの東京事務所は、学生のためのコワーキングスペースKOMADが同居している。
つまり、KOMADに出入りしている関係者が活躍してくれると期待している。

リツアンに入社して出会えた人々

僕がリツアンに入って会った一流の方は数名いるが、記事にしているのを紹介しておきたい。

 

 

 

最後に:今後も多くの人と出会うチャンスあり

リツアンSTCの研修に対する考え方を掲載させてもらった。

仕事に直結する研修が実施されているかというと、そんなことはない。
なので、業務知識を習得したり、スキルアップを目指すというのには向いていない。
それらを期待している人にとっては、拍子抜けもいいところだろう。

ただし、リツアンの研修は、今後の生き方に対してアプローチする内容になっている。
リツアンの社長はよく「おもしろいことをしようよ~」と言う。
大人になっても、子供のようにワクワクする心を忘れず、みんなと楽しむということを体現している。

確かにおもしろい研修が開催されていると感じる。
万人に合うとはいわないが、普段実施できないことを体験できる。
刺激が不足していると感じる人や、人と何かをすることが楽しい人は、それだけでも参加してみる価値がある。

そして、僕も可能な限り新しい人と出会い、数多くの刺激をもらっていきたいと考えている。
楽しいし、今後の活動にも幅が出る。
さらに欲を言えば、僕だけでなく家族も楽しませることができたら最高だと考えている。

いずれにせよ、今後にも期待できるはず。
もし研修に参加してみたい方がいれば、僕や近くのエンジニアに連絡を取ってみてほしい。
またリツアンエンジニアの方は、僕に気軽に声をかけてもらえたら嬉しい。