雑記

給料が少ない会社でも、コツコツと長く努力した結果、給料がアップしていき、生活は楽になる・・・なんて考えていたら、あなたの人生は全然楽にならない。給料が低い会社は何十年働いても低いもの。普通の人でも稼げる仕組みを持つ会社にいることが重要。

リツアンSTCに転職した

ブログ投稿を中心に、社員の本音をまとめた記事。リツアンSTCは高還元のエンジニア派遣会社であり、メンバーは転職組で構成されている。リツアンに入社したメンバーの感想は公式ページで確認できるが、公式ページ以外でも社員の声が確認できる。

仕組みと制度

派遣社員エンジニアの多くは、派遣先や他企業で正社員として働くことを希望している。そして、リツアンSTCでは多くの方が正社員登用(直接雇用)され、新天地で活躍している。この記事では、正社員登用(直接雇用)された実績を紹介する。

雑記

エンジニアの経験は長いのに、収入に満足できないなら、高還元の派遣・SESを検討してみてはいかがだろうか? 給料が派遣先との契約単価に追従し、目障りな上司の評価はない。案件も自分で選べる。そんな会社が既にある。毎月40万円以上の給料をもらうエンジニアも多数。

メンバー

高還元が特徴のエンジニア派遣会社リツアンSTC。そこには、どんなメンバーが在籍しているかをまとめてみた。リツアンSTCが気になっている方は、こちらのページを参考に、エンジニアに相談してみてはいかがだろう。公式ページには掲載されていないメンバーも数多くいる。

仕組みと制度

技術派遣といえば、低賃金で重労働が定説であったが、その常識を覆すのが高還元のエンジニア派遣会社「リツアンSTC」である。この記事では、リツアンの制度や特徴を網羅している。特に給与面の特徴はぜひご覧いただきたい。

仕組みと制度

リツアンSTCは、マージン率32%に始まり、勤続年数でマージン率が下がる、「プロ契」「さよならマージン」という独自の制度採用している。その仕組みを詳しく説明する。また、退職金とボーナスについても解説。

仕組みと制度

就職や転職をするときに際に参考すべきこととして、福利厚生がある。人によっては給料並みに重視する大事な要素である。リツアンの福利厚生は、最低限の内容であるものの、本記事に詳細をまとめていく。

リツアンSTCに転職した

多くの人が100万円前後年収アップを果たしているのが分かる。中には、月収が27万円アップした人もいるとのこと。給与明細も公開してくれているエンジニアが多数いるので、自分の年収との比較も容易。今すぐ確認してもらいたい。