SESの還元率は給与支払率ではない。還元率を正確に把握しよう!

雑記

今回は、SESの還元率についての記事です。

2022年11月頃から、リツアンのTwitter周りが忙しくなっています。
実は、最近野中社長、平野副社長がお怒りなんです。

リツアンに入社したエンジニアが、元々高還元SESと呼ばれる会社にいたのですが、そこでいろいろ大変だったみたいなんですよ。
で、どうやら給料制度の還元率というものが、間違えやすいみたいなんです。

社長としては、これは昔の悪しき派遣の焼き直しだと憤っているんですね。
それを受けて、リツアンの幹部、営業が続々とTwitterを本格化したという流れです。

今回は、このツイートから話を掘り下げていきます。

人材派遣会社のマージン率

SES会社の話の前に人材派遣会社について軽く説明します。

人材派遣会社はマージン率の公開が義務付けられています。
マージン率とは、簡単にいえば、売上に対する会社の取り分です。

このブログでは何度も書いておりますが、リツアンSTCのマージン率は32%です。
そして、給与は68%(=100%-32%)になります。

この68%は給与支払率とも呼ばれます。
実際には交通費が別途支給されるので、正確にいえば70%程度ですが、68%が給与と覚えておいてください。

SES会社の還元率

一方、派遣と似た会社に「SES会社」があります。

派遣とSESの違いはここでは割愛しますが、SES会社は、派遣免許はないけど客先常駐業務を行うIT会社と考えてもらえればOKです。

SES会社は人材派遣会社に該当しないので、マージン率の公開は義務付けられていません。

ただこれだと、売上に対しての会社の取り分(=労働者の取り分)が分かりませんよね。
そこでSES会社では、給与支払率の代わりに「還元率」という数値を使用しています。

還元率は、旧来のSESは、50%~60%、高還元SESであれば70%~75%に設定されているとのことです。
※もっと高い会社もあるかもしれないので、調べてみてください。

「おっ、リツアンより高い数値じゃないか!じゃあ、そっちにしよう!」
と思った方、ちょっと待ってください。
次の問題点もしっかり読んでくださいね。

還元率の問題点

SESの還元率には2つの問題があります。

  • 還元率の定義がバラバラ
  • 交通費と会社が支払う社会保険料が含まれている

以降でそれぞれを説明していきます。

還元率の定義がバラバラ

実は、SES会社の還元率という言葉は正確に定義されていません。
交通費が含まれるのか、手当が含まれるのか、各会社が独自に決定しています。

おいおい、それは困るよというのが本音ですよね。

大体、エンジニアって曖昧な表現を好まないし、SES会社の社長も元エンジニアが多いはずだから、そういうのって気になると思うんだけど、違いますかね。

できたらマージン率などの共通の言葉に置き換えてもらえたら良いのにね、というのが本音です。

還元率には交通費と会社が支払う社会保険料が含まれている

SES会社が定義する還元率には、交通費と会社が支払う社会保険料が含まれています。
全ての会社がそうとは断言できませんが、多数がこの計算方法を採用しているようです。

交通費が占める割合は2%~3%程度なので、これだけなら大したことありません。
しかしながら、問題は会社が支払う社会保険料で、10%~12%くらいが含まれます。

つまり、還元率が70%~75%といっても、給与支払率は多くみても60%~65%。
マージン率でいえば、40%~35%です。

元の還元率から10%程度引いた数値が給与、と見積もるといいでしょう。

還元率という言葉が誤解を招く

で、ここからは個人的な意見ですが、還元率に会社が支払う社会保険料を含めたのが一番の疑問で、違和感の正体となっています。

どなたかご回答いただけたらありがたいです。
ご回答いただいても、エンジニアが間違えそうなのはまだ変わらないと思いますが。

また、こちらはリツアンSTCのイケメン営業の片桐さんからの注意喚起のツイートです。

もう一度いいますが、全部が全部こういう仕組みではありませんよ。

が、会社ごとにいろんな制度があって、正確に把握するのが大変だなという印象です。
ただそれでも、一労働者として自分の給料をしっかりと知る必要があります。

還元率に何が含まれているかを正確に把握しよう

皆さんどうでしょうか。
労働者向けに還元率というと、売上に対する給与の割合と考えてしまいませんかね。

でも、既に読んでもらったように、還元率=給与支払率ではありません。
還元率の中には、交通費や会社が支払う社会保険料が含まれています。

また、還元率とは違いますが、単価の上昇が特定の月までは反映されない、といった制度もあるようです。
なので、会社の話を聞くとき、以下を出してもらうのがいいでしょう。

  • 年収
  • 毎月の給与支払額
  • 単価が上がったらいつ反映されるか

この情報を知った上で入社するならば、全然問題ありません。
ただ、入社する人は還元率とは何かを正しく理解し、自分の給与の金額を正確に知ろうねという話です。

派遣エンジニアで稼ぎながら、自分のやりたいことに挑戦しませんか?

派遣エンジニアは稼げないと思うあなたは間違っています。
稼げる会社に行けば、しっかりと稼げます。

リツアンSTCは稼げるエンジニア派遣会社です。
会社員の身分持って安定的に稼ぎながら、空いた時間を活用してやりたいことに挑戦できます。

雑記
ひろ@リツアン社員をフォローする
リツアンいんふぉ+α
タイトルとURLをコピーしました