【リツアンSTC】福利厚生(休暇・社会保険・寮・待機時の扱い)について現役エンジニアが紹介します

福利厚生

エンジニア派遣会社であるリツアンSTCの福利厚生の紹介記事です。

手当についてはこちらにまとめています。
https://ritsuan-eng.com/employee-benefits/

今回は手当以外の制度をまとめています。
リツアンに興味がある方はぜひご覧ください。

リツアンSTCの休暇制度

有給休暇

有給休暇は以下で規定されています。

入社後6ケ月以上継続して勤務し、会社の定める所定労働日数の8割以上を出勤した場合、10日間の付与以降1年ごとに付与されます。

当たり前の話ですが、有給休暇を拒否することはできません。
ただ、現場の業務状況との調整は必要なので、エンジニアが責任をもって調整しましょう。

特別休暇

特別休暇は以下で規定されています。

  • 本人の結婚:結婚式または入籍の日の翌日から起算して6か月以内の任意の3日間
  • 子(養子を含む)の結婚:結婚式または入籍の日の翌日1日間
  • 本人の兄弟、姉妹の結婚:結婚式の日の翌日1日間
  • 配偶者の出産:出産の日の翌日から2日間
  • 配偶者の死亡:死亡の日の翌日から5日間
  • 本人の父母(養父母を含む)、子(養子を含む)の死亡:死亡の日の翌日から3日間
  • 本人の祖父母、兄弟姉妹、配偶者の父母、祖父母の死亡:死亡の日の翌日 1 日間

特別休暇は、基本給及び交通費のみが支払われます。

生理休暇

生理日の就業が著しく困難な女性社員が請求した場合に休暇が与えられます。
ただし、無給となります。

育児休暇

あり

介護休暇

あり

リツアンSTCの社会保険

次は社会保険です。
特筆して書くものは少ないですが、下記の通りです。

厚生年金

加入

健康保険

健康保険は以下の通りです。

  • 協会けんぽに加入
  • 健康診断1年に1回
  • 費用は上限8,000円まで会社負担

雇用保険

加入

リツアンSTCのその他の制度

上記以外の制度を記述します。

単身寮/家族寮

寮にあたるものとして、会社が紹介できる物件がわずかながらあります。

  • 初期費用無しで入れる物件がいくつかあり。
  • 家賃は居住者が100%負担(社宅扱いではない)

ただし、社宅扱いではありません。
税金面を考えると社宅として取り扱ってほしいですが、そういった面倒を省略しているのがリツアンです。

待機時の扱い

待機時は平均賃金の60%が支給されます。
注意してほしいのは、月給の60%ではない点です。

例えば月給が30万円だとします。
1ヶ月は約30日なので、1日の給料は1万円。

待機中は 1万円 × 60% × 30日 = 18万円 と考えてしまいますが実際は違います。
休日分の支給義務はないので、土日分は計算から除外しなくてはなりません。

つまり1ヶ月は約20日となり、1万円 × 60% × 20日 = 12万円 が支給されるわけです。
実質40%ほどにまで落ち込みます。

法律上の計算なので、リツアンのせいではないことは理解していただきたいのですが、何かモヤっとする計算方法ですよね。

待機時の平均賃金支給の条件

待機時は平均賃金の60%が支給されますが、実質40%程度です。
これでは休むのは避けたいのが普通。

でも、休みながらお金をもらえるとも解釈できます。
なので、支給は現場に入る意思がある場合に限ります。
休んで旅行したいから、待機扱いで60%支給してというのはNGです。

また、どう頑張っても案件獲得が難しい条件をつけることも駄目です。
例えば、テスター半年の経験しかないのに、単価100万円以上のPM案件しかやらないと言われても現実的ではないですよね。

最後に:手当以外は特筆するものはなし 待機時の賃金は注意

手当以外の福利厚生をまとめました。

特筆するものはそうないと思います。
ただし、待機時の賃金は、月給の60%が保証されると勘違いしやすいので注意が必要です。

参考になれば幸いです!

派遣エンジニアで稼ぎながら、自分のやりたいことに挑戦しませんか?

派遣エンジニアは稼げないと思うあなたは間違っています。
稼げる会社に行けば、しっかりと稼げます。

リツアンSTCは稼げるエンジニア派遣会社です。
会社員の身分持って安定的に稼ぎながら、空いた時間を活用してやりたいことに挑戦できます。

福利厚生
ひろ@リツアン社員をフォローする
リツアンいんふぉ
タイトルとURLをコピーしました