【リツアンSTC】掛川でイケハヤさんと飲んでWebマーケティング談義してきた

会社・社員の活動

Youtuber、ブロガーとして活躍するイケダハヤト(イケハヤ)さん。
実は、僕が在籍するリツアンSTCは2015年から親交があります。

2018/9/21(金)のことだが、イケハヤさんが以下のツイートをしています。

静岡県掛川市はリツアンSTCの本社があり、野中社長の出身地。
ここにイケハヤさんが遊びに来ていたのだが、そこに僕もお邪魔してきたという話です。

しかもこの話、当日の14:00くらいに専務から電話をもらって、「今から仕事休んで掛川行きましょうよ!」と声をかけられたもの。

当然、常識人の僕はサボっていませんよ。
ただ運良くその日に休みをとっていたので、2つ返事でOKしました(笑)

イケハヤさんとは?

イケハヤさんとは、イケダハヤトさんのことです。
元々はブロガーで、その後YouTuber

詳しい説明は割愛しますが、現在はYouTuberに専念する活動はやめて、事業活動にシフトしていくとの話です。

イケハヤさんと初めて会った印象

さて、イケハヤさんと対面を果たして、飲み会を開始。

最初は少し緊張したものの、終始和やかな雰囲気で盛り上がった飲み会となりました。
特にイケハヤさんと野中社長は良い関係を築いています。

あんな感じや・・・

こんな感じ・・・

イケハヤさん、SNSやブログでは尖ったキャラなので怖い人だと思ったけど、普通に普通の人。

特徴的だったのは、「なるほどなるほど~」という言葉での間のつなぎ方と、日本酒の平泉をいたくお気に入りだったこと。

あと、僕のブログ記事も一部知っていたみたいで、

「センスありますよ。」
「Webマーケティングやった方がいいですよ。」

とお褒めの言葉をいただけました。

最後に記念撮影。
もっと良い服を着ていけば良かったと後悔しています。

リツアンSTCのWebマーケティングに関すること

飲み会の中で、リツアンのWebマーケティングに関する問題が話題として挙がりました。。
そのときの、イケハヤさんからの指摘とアドバイスはこう。

  • リツアンのような会社を求めている潜在層に訴える手段が無い
  • これだけの会社の規模でマーケティングしないなんて考えられない
  • リツアンは 専属のWebマーケターを作れ

確かに、リツアンはSNSを活用できていませんね。
一時期に比べたら社員の発信は格段に増加したものの、公式のアカウントは寂しいもの。

そんな状況だから、リツアンSTCは学生や団体のスポンサーやっているけど、さほど認知されていません。
外部どころか、社員にも認知されていないw

というわけで、この辺の活動は僕がやろうと思った次第です。

リツアンが取り組んでいること

東大生にKOMADを提供

リツアンの事務所を東大生に提供しています。
以下の記事が一番分かりやすいですね。

東大生を知的に揺さぶる一軒家サロン「KOMAD」誕生
東京大学駒場キャンパスから徒歩5分のところに2017年春、東大生のための知的サロン「KOMAD(コマド)」が誕生しました。瀟洒な一軒家で、そこに多くの学生が集まり、白熱の議論を交わしています。オープニングパーティーにお邪魔してみました。

東京藝術大学の学生に制作場所を提供

東京藝術大学の学生に制作場所を提供しています。
これは公式ブログにも記事が掲載されたので、嘘ではなかったようです。

芸大生が重宝する製作基地、「日暮里作業場」に潜入! | リツアンSTC
リツアンBLOGでは、転職活動をするユーザーへのアドバイスや、普段あまり利用することがない特別休暇などの制度について、その他最先端の技術についてのレポート、小さな情報から役に立つ情報まで、様々なコンテンツをご紹介しています。

未来ある学生を助けようという気持ちは尊いものです。
間接的にですが、僕自身が支援しているようなもので、社会貢献をしているという気持ちにさせてくれます。

日本ヴィラ=ロボス協会 特別賛助会員

実は音楽の支援もやっています。

ヴィラ=ロボス協会の会長は、指揮者の木許祐介さん。
リツアン研修の講師もされてあり、リツアン社員内の認知度も高まったと思います。

お金出しているのに宣伝しないのもったいなくない?

リツアンはお金は出しているけど、大して宣伝はしないという状態です。
何ともったいないことでしょう。

社長と専務は、宣伝しない理由を語っています。

  • 必要ないと思っていた
  • アピールしないことが良い。美しい。
  • アピールしなくても、良いものはエンジニアから宣伝する。

確かに一理あります。
特に最後の、自らではなく他者から宣伝されることは重要です。

しかしながら、僕が思っていることも伝えました。

  • 不言実行は、 背中を見ている(身近な)人にしか伝わらない。
  • 会社自らアピールせずとも、 エンジニアが宣伝することを会社がアピールすれば良い。

このフレーズ、どうやら専務の心に思いのほか刺さったのか、面倒だから押し付けようと思ったのか分からないが、野中社長も平野専務も僕にお願いしますという言葉。
(間違いなく後者だろう)

「飲み会誘ったのはこれが目的か」と思ったのは当然ですが、まあ別にいいか。

最後に:各々がやれることをやるだけ

簡単ですが、イケハヤさんと初めて会った飲み会について記事にしました。

企業でのWebマーケティングはいろんな形があります。
尖った社長を前面に出したり、おもしろい専属の人が担当したり。

まあ、ぶっちゃけ今後どうやっていくのかよく分かりません。

ただ、本業以外のことをやっている人も多いので、目立たせるものはいくらか出てきそう。
金とか金とか金とか。

というか、リツアンの基本は金である。
僕自身は、リツアン=お金を前面に押し出すのが正解かなと考えています。

あなたが考えるリツアン像はどんなものでしょう?
そしてどんなことを発信していけばよいか?

各々が考えて、やるべきことをやっていけばいいと思います。

派遣エンジニアで稼ぎながら、自分のやりたいことに挑戦しませんか?

派遣エンジニアは稼げないと思うあなたは間違っています。
稼げる会社に行けば、しっかりと稼げます。

リツアンSTCは稼げるエンジニア派遣会社です。
会社員の身分持って安定的に稼ぎながら、空いた時間を活用してやりたいことに挑戦できます。

会社・社員の活動
ひろ@リツアン社員をフォローする
リツアンいんふぉ
タイトルとURLをコピーしました