仕組みと制度

【リツアンSTC】退職金はいくら?メリットもデメリットもあり

仕事を長年続けて、いざ定年退職となったときにもらえるのが退職金です。会社、勤続年数で異なりますが、大体1000万円~2000万円ほど。 ではリツアンSTCの退職金はどうなのか? 早速結論ですが、退職金はありません。 なぜ退職金が0円なのか、そして、退職金がない場合のメリットとデメリットについてまとめました。興味のある方は読んでもらえたらと...
仕組みと制度

【リツアンSTC】ボーナスはいくら?現役社員が教えます

毎月の給料とは別に、社会人の楽しみがボーナスです。会社によって異なる部分はありますが、概ね年2回、1回2ヶ月分ほどの支給されます。 ではリツアンSTCのボーナスはどうなっているのでしょうか? 早速結論ですが、ボーナスはありません。0円です。 残念ですか?でも、安心してください。 この記事を読んだら、ボーナスなくて良かったと思うはずで...
メンバー

【リツアンSTC】平野専務はトシ軍団のIT系トシさん EXITりんたろーさんのマイメンです

エンジニア派遣会社のリツアンSTCのエンジニア。制度も風変わりですが、メンバーにもちょっと変わった人がいるのが特徴。 今回はその筆頭ともいえる専務を紹介したいと思います。 リツアンSTCの専務 平野世己さんについて プロフィール 氏 名:平野 世己(ひらの としき)出身地:静岡県磐田市年 齢:35歳(2021年5月現在)ホ...
仕組みと制度

【リツアンSTC】就業規則は自分たちで作る? POPに読めるサイトもできました

2020年の話ですが、リツアンSTCは以下3つの就業規則を公開しました。 就業規則賃金規定育児介護休業規定 なぜという疑問が思い浮かぶと思いますが、今回はこちらの件について掘り下げています。 リツアンSTCが就業規則を公開する理由 普通、就業規則を公開するなんてことしませんよね。僕は以前、就業規則をあまり見せたがらない会社にいた...
会社・社員の活動

【リツアンSTC】派遣会社が「日本ハムファイターズ vs 千葉ロッテマリーンズ」のスポンサーになったよ【プロ野球】

タイトルの通りですが、エンジニア派遣会社のリツアンSTCがプロ野球の試合のスポンサーになりました。 今回のスポンサーの件、例のごとく社員は特に何も聞かされていなかったので、僕も僕の周囲のエンジニアも驚きしかありません。 でも、「あー、またやってんなー」で済ましてしまうのもリツアン。 今回はこちらの試合について宣伝させてもらいま...
福利厚生

【リツアンSTC】福利厚生(休暇・社会保険・寮・待機時の扱い)について現役エンジニアが紹介します

エンジニア派遣会社であるリツアンSTCの福利厚生の紹介記事です。 手当についてはこちらにまとめています。 今回は手当以外の制度をまとめています。リツアンに興味がある方はぜひご覧ください。 リツアンSTCの休暇制度 有給休暇 有給休暇は以下で規定されています。 入社後6ケ月以上継続して勤務し、会社の定める所定労働日数の8...
会社・社員の活動

栗山さやかさんに毎月1000円寄付を始めました【アシャンテママ】

栗山さやかさんという方を知っていますか? NPO法人であるアシャンテママの代表であり、アフリカのモザンピークとマラウィにて子どもたちに教育支援活動を行っている方です。(面識はありませんが、以降さやかさんと書かせてもらいます) さやかさんは、元々は渋谷のギャルで109の店員です。言っては悪いですが、支援活動とは程遠い人物のように思います。 ...
雑記

【リツアンSTC】リツアンに入社しない方がいい人の3つの特徴を教えます

僕の個人的な感想ですが、リツアンSTCは良い会社と感じています。 派遣・SES界でも給料は高い方であるし、会社員でありながらフリーランスエンジニアに近い働き方をしていて、個人の裁量が大きいです。もちろん、派遣先は派遣先企業の意向に従うので、現場の裁量は大きくないかもしれませんが、現場は自分で決めていくスタイルです。 その方向性もあり、こういう人...
雑記

【あなたもできる】36歳の家族持ちでも転職と上京できた

プロフィールを読んで頂いた方は知っているかもしれませんが、僕は2017年に転職しました。長崎県から千葉県に移住し、現在も東京でエンジニアとして働いています。 転職時の年齢は36歳でした。家族は妻と小学生の子ども2人がいます。 30代半ばともなれば、転職に慎重になるのは当然です。特に、小学生の子どもを転校させることに抵抗を持つ人も多いでしょう。 ...
雑記

【派遣】まず年収500万円近く稼がないと、人生は楽にならない

僕は社会人1年目からエンジニアをやっていて、2020年3月の時点で、エンジニア歴14年近くになります。そして、2017年に転職して、人生が良くなったことを当ブログでも書いています。 生活が変化して気付いたことが一つあります。それは「まずは年収500万円近く稼がないと、人生は楽にならない」ということ。 給料が低い会社でもコツコツ頑張れば、いつか誰...
タイトルとURLをコピーしました