仕組み

仕組みと制度

【リツアンSTC】退職金はいくら?メリットもデメリットもあり

仕事を長年続けて、いざ定年退職となったときにもらえるのが退職金です。会社、勤続年数で異なりますが、大体1000万円~2000万円ほど。 ではリツアンSTCの退職金はどうなのか? 早速結論ですが、退職金はありません。 なぜ退職金が0円なのか、そして、退職金がない場合のメリットとデメリットについてまとめました。興味のある方は読んでもらえたらと...
仕組みと制度

【リツアンSTC】ボーナスはいくら?現役社員が教えます

毎月の給料とは別に、社会人の楽しみがボーナスです。会社によって異なる部分はありますが、概ね年2回、1回2ヶ月分ほどの支給されます。 ではリツアンSTCのボーナスはどうなっているのでしょうか? 早速結論ですが、ボーナスはありません。0円です。 残念ですか?でも、安心してください。 この記事を読んだら、ボーナスなくて良かったと思うはずで...
仕組みと制度

【リツアンSTC】就業規則は自分たちで作る? POPに読めるサイトもできました

2020年の話ですが、リツアンSTCは以下3つの就業規則を公開しました。 就業規則賃金規定育児介護休業規定 なぜという疑問が思い浮かぶと思いますが、今回はこちらの件について掘り下げています。 リツアンSTCが就業規則を公開する理由 普通、就業規則を公開するなんてことしませんよね。僕は以前、就業規則をあまり見せたがらない会社にいた...
福利厚生

【リツアンSTC】福利厚生(休暇・社会保険・寮・待機時の扱い)について現役エンジニアが紹介します

エンジニア派遣会社であるリツアンSTCの福利厚生の紹介記事です。 手当についてはこちらにまとめています。 今回は手当以外の制度をまとめています。リツアンに興味がある方はぜひご覧ください。 リツアンSTCの休暇制度 有給休暇 有給休暇は以下で規定されています。 入社後6ケ月以上継続して勤務し、会社の定める所定労働日数の8...
雑記

高還元派遣・SESはフリーランスと会社員のいいとこ取り

「エンジニアやっているけど給料が全然上がらない」「高い給料の会社に転職したいけど、どの会社を選択したら良いのか分からない」 近年はエンジニアの需要が大きく高まり、エンジニアの収入が高騰しています。とはいうものの、実際に高い給料をもらえる会社は、大手を除けば一部と言わざるをえません。 大手以外で高い給料を得るには、高還元の派遣、SESが有力な候補...
仕組みと制度

【リツアンSTC】高還元(低マージン)派遣の制度・特徴まとめ

派遣会社は仲介料(=マージン)をとることで成り立っていますが、マージンを不当に高くして搾取をする会社が割と多いのが問題です。それによって、派遣は低賃金、重労働が想像され、マイナスイメージが強くなっています。 しかしながら、世の中には高還元の派遣会社があります。派遣で横行する悪しき習慣をなくし、業界を改革する存在といえるでしょう。 手前味噌になり...
仕組みと制度

【リツアンSTC】3つのマージン率を解説 年数に応じてマージン減少でWin-Winの関係を作る

エンジニアの派遣会社で気になる点の一つに「マージン率」があります。 派遣法上、マージン率は公開義務があるものの、正直分かりづらい企業が多い。また、マージン率は公開されていても、派遣者のマージン率と等しいとは限りません。 でもリツアンはマージン率を公開しているし、個々のマージン率も派遣者に伝えます。(といっても、公開しているのと一緒ですが) ...
福利厚生

【リツアンSTC】福利厚生(各種手当)について現役エンジニアが紹介します

就職や転職をする際の参考材料の一つに福利厚生(各種手当)があります。特に大企業は福利厚生が非常に手厚くなるので、給料と同等に重視している人もいるでしょう。 というわけで、今回はリツアンSTCの福利厚生の各種手当についてまとめてみました。 興味のある方はぜひともご覧いただければと思います。 通勤手当(交通費) 通勤手当は上限15,00...
仕組みと制度

【リツアンSTC】エンジニア未経験者や新卒は採用可能? 基準を確認してみた

「リツアンSTCのエンジニア枠、未経験や新卒でも入社できますか?」 会社の制度について質問を受けますが、その中でも多いのが未経験者の採用可否に関する質問です。会社の正式な方針を確認して、こちらにまとめました。 興味がある方はぜひともご確認いただければと思います。 リツアンSTCはエンジニア未経験や新卒でも入れるか? 本題の「...
研修

【リツアンSTC】普通の研修つまらないから一流の人と会わせるわ(社長)

一般的な会社では、新入社員研修や管理者研修、技術研修など、研修に参加する機会があります。 研修は、普段とは異なった環境に身を置き、通常接する機会がない人と出会うことができます。良質な刺激を受けられるメリットがあり、参加をしておくのが望ましいでしょう。 とはいえ、毎日研修を受けられるわけでもないので、研修を受けた直後は意識が高くてもその意識は長続...
タイトルとURLをコピーしました